男の人

M&Aのメリットを知ろう|ビジネス必勝法

会社合併の利点

ビル

M&Aは会社の合併を意味するものです。合併するメリットとしては、会社の規模を拡大することで市場での優位性を得たり、他の業種への参入などがあります。しかし、M&Aは円満に行わなければそのメリットを享受することができない点に留意する必要があります。

Read More..

企業の発展に役立つ存在

オフィス

M&Aは企業買収の動きを言い、ビジネス上では珍しくない取引となってきました。これによって買収する側の企業は大きな発展が期待できるメリットがあり、買収される側も新たな方向へ進めます。この取引をお手伝いしてくれるサービスでは、上手な交渉術でお互いの条件などをまとめてM&Aを成功へ導いてくれます。

Read More..

事業を継承する

男女

事業継承は通常親から子へと行われていましたが、現在では事情により継承されない場合もあります。M&Aは廃業の危機から救う選択肢の一つとしてあります。M&Aにより、事業が他社で存続するメリットがあります。

Read More..

買収や合併

女の人

M&Aにはいくつかの手法があります。まず上場企業でよく行われるM&Aの手法には株式交換があります。これは自社の持ち株をM&Aの相手方の会社に渡して、相手方の株をもらうことによってお互いの経営に携わることが出来る方法です。この手法の大きなメリットは経営統合に資金の準備をする必要が無いので、自社株さえ残っていれば比較的簡単に実行しやすいことです。買収側でよく行われるのが株式公開買い付けです。不特定多数の株主から株を市場外で集め、大株主になることです。この方法では買収される側が望まない形でやや強引に買収することもできます。ほかには買収される側として自分の会社の株式を買収先に譲渡し、代わりにお金をもらって経営から撤退することをバイアウトといいます。

M&Aにより企業の規模を大きくする会社が増えていますが、そこにはいくつかのメリットがあります。まずは合併についてですが、競合他社と合併することで経営を合理化して無駄な経費を減らしたり、お互いの強みを生かしてより市場に対して強い影響力を示すことが出来ます。また単純に競合他社同士で手を組むことによってシェアが足し算的に増えることになるので、合併しなかった会社と比較して大きなアドバンテージになります。買収のメリットは合併に比べて自社が優位な状態での経営統合になるので、主導権を握ることが出来ます。これによって、合併によくある経営統合後の内紛が、買収の場合ですと買収先の会社が強い影響力を持つので、その危険性は減るメリットがあります。